終電前の駅のトイレは地獄絵図



汁男優に汁をかける男優松本XLです(‘ω’)ノ

飲み会が終わり駅に向かう。

時計を確認すると終電には余裕で間に合う時間。

「さすが俺やなw。」

どんなに酔っても自分を褒めることを怠らない男、それが俺だ!

改札口に入り、エスカレータを目指す。勿論2足歩行で。

「臭っ!」

強烈なアンモニア臭。

「クンクン!」

人間の1倍の嗅覚を持つ松本XLは、臭いのする場所へ。

「トイレ…だと…。」

意外な結果に驚きを隠せない。

事件性を感じた僕は、男子トイレに入るか女子トイレに入るかを悩みに悩んだ末、男子トイレに。

野生の感が働いたとでもいうのでしょうか?

「今日はこっちにしよう!」

 

男子トイレに入ると酔っ払いの行列が!

小便器が5つ。

どの小便器にも酔っ払いが並んでいる。

ビシャシャシャシャ

酔っぱらっているからなのか、包茎なのか、ションベンが四方八方に飛んでいる。

「全然便器に収まってないやんw。」

ニヤニヤしながら列に並ぶ。

相当飲んだであろう僕の後ろに並んだオッサンはブツブツと呟いている。

いよいよ自分に順番が回ってきたので堂々とチンコをほり出す!

緊張の瞬間。

ボロンゴ!

そう、ここはチンコをほり出しても捕まらない、男達の聖域。

ブリブリブリーーーーッ!!!

120デシベルはあっただろうか?

大便から聞こえる何かの音。

何の音かは未だ不明だが、その音に反応し、独り言を言っていた後ろのオッサンがキレる!

「うるさいんじゃっ!!何してんねん!」

真後ろで怒鳴られた松本XLは、一瞬動揺したものの、即座に反応!

体勢を立て直し、ハンドルを握る!

オシッコに近い成分の液体がズボンを濡らした程度で済むことに成功した!

何事もなくトイレから無事生還できたのは、日頃の行いが良かったからではないしょうか?

ありがとうございました(‘ω’)ノ

おわり


にほんブログ村 その他ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。