Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
人間関係

人の話を聞かない人の特徴と対処方法7つ!

「ぜんっぜんコイツ人の話聞かへんやんけ!!」と怒った経験が

ある人も多いのでは?

社会に出てみると、意外と多いですよね、人の話を聞かない人。

コミュニケーションが捗らないと結構イライラしちゃったりします。

意外と世間に多い「人の話を聞かない人」の特徴と、その対処法をご紹介しちゃいます。

すべての人に当てはまるものでは決してありませんが、

気休めとしてでも知っておくと後々人づきあいが楽になるかもしれませんよ!

では行きましょう。

人の話を聞かない人の特徴と対処方法①落ち着きがない

人の話を聞かない人は、結構ソワソワしていたり、

何かしらせかせかしていたりとあまり落ち着きがない場合があります。

そういう人には、何よりまず落ち着いてもらうことから始めましょう。

作業を少し中断して休憩しているようなタイミングで話しかけると吉です。

人の話を聞かない人の特徴と対処方法②余裕がない

落ち着きがない、というのと少し似通っていますね。

別の何かをしていて、話を聞く余裕がないところに話しかけてしまうと、

「コイツ全然話聞いてくれへんやん・・・」となってしまうことがあります。

そういう人には、まず余裕を持ってもらうように、

困っていることがあったら手伝ってあげるとよいでしょう。

感謝もされますしね!

人の話を聞かない人の特徴と対処方法③話を覚えてられない

「話聞いてない」というのは、単純にその人が忘れっぽく、

話が長くなると最初の方を忘れちゃう、なんてこともありえます。

究極の忘れんぼだとそういうこともありえるでしょう。

なので、そういう人にはなるべく話を簡潔にするのがよいでしょう。

 

人の話を聞かない人の特徴と対処方法④見下しているから、聞いていない

これはなかなか困った人です。

自分より下の人間だから、話を聞く必要がない、と思っているパターンです。

会社なんかでこういう人がいた場合は、上の立場の方に相談しましょう。

 

人の話を聞かない人の特徴と対処方法⑤納得していない

話し相手が内容に納得していないので、こちらの思いが伝わっていないと感じ、

「話通じへん!」となってしまいます。

この場合は、しっかり相手と意思を擦り合わせることが大切ですね。

 

人の話を聞かない人の特徴と対処方法⑥根本的な部分が理解できていない

自分が伝えたい話の根本的な部分を、

相手が理解してくれていなければ話が通じない人だと思ってしまうことがあるでしょう。

この場合は、しっかり話を掘り下げて、

相手に根本的部分を理解してもらうところからです。

手間かもしれませんが、理解さえしてもらえれば話は進みますよ!

人の話を聞かない人の特徴と対処方法⑦質問が出来ない

つまり、理解できないところを質問できず、

分からないまま進んでしまうというパターン。

控えめな人に多いですね。

こういう場合は、「いつでも質問してくれでええで」と

こまめに声をかけてあげることで解消します。

質問しやすい雰囲気を作りましょう。

 

以上のように、「話通じない」といっても、いろいろなパターンがあります。

その人に合わせて、話をしやすい環境を作っていきましょう。

豚まん
豚まん
最後までお読みいただきありがとうございました!

↓こちらの関連記事もお読みくださいニャ!

[kanren postid=”4329,4385,4175,1799,4437″]