Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
日記

ビットコインとは?仕組みを分かりやすく簡単説明

この世界には、かなりの種類の仮想通貨が流通しています。

NEMやVerge、はたまたまだリリースされていないものもたくさんあります。

しかし、そんな星の数ほど(言い過ぎ?)ある仮想通貨の中でも、

現時点で知名度・人気においてトップであると言える仮想通貨・・・

そう、それが「ビットコイン」です!

仮想通貨のことは知らなくても、ビットコインのことは知っている人は多いですよね。

そんなビットコインを、超簡単に説明しちゃいますよ!

ビットコインは、データ管理されている仮想通貨

まぁ、「仮想通貨」というくらいですから、

これは当たり前やーん!と思った人もいるかもしれませんね。

ビットコインは仮想通貨であり、データとして管理されています。

銀行の口座などではなく、ウォレットという場所に保管されていることになります。

データとして管理し、データとして取引のやりとりをする、ということです。

ビットコインは、日本でもアメリカでも同じ

つまり、ビットコインは「国際通貨」なんですね。

日本では円が通貨として流通していて、アメリカではドルが流通しています。

こういうドルや円なんかを法定通貨といいます。

しかし、ビットコインはアメリカでも日本でもやり取りが可能です。

つまり、本当に文字通りの「国際通貨」なんです!

ビットコインには、「管理者」がいない

ビットコインの管理は、そのネットワークに参加している人たちがみんなで管理しています。

ビットコインの取引をして、その取引に違法なところや間違ったところがないかを、

相互でチェックしているんですね。

こういう体制を、「分散型通貨」といいます。

つまり、権利が集中しておらず、

ビットコインにかかわっている人たちで管理していますよ~ということですね。

ビットコインは暗号・・・!?

仮想通貨という言葉は、もとは英語です。

この英語を本来直訳すると、「暗号通貨」という意味になります。

仮想通貨、という意味にしたのは日本人にも分かりやすいように、ということでしょう

ビットコインは実体こそありませんが、価値を伴った立派な通貨です。

なので、そんな大事なお金のやり取りであるデータをうっかり盗まれないように、

防犯対策としてきちんと暗号化しています。

「データだから盗まれたりしそう・・・」と心配しているそこのアナタは安心してくださいね!

さて、どうでしょう?超ざっくりとビットコインの説明をさせていただきました。

ビットコインでの取引を始めようと思っている人の、

第一歩となる知識になるのではないでしょうか!?

仮想通貨という市場は、これからどんどん大きくなっていくことが予想されます。

まさにホット!な市場ですね。

まずはここから、「仮想通貨の取引」を始めていきましょう!

豚まん
豚まん
↓こちらの関連記事もお読みくださいニャ!

[kanren postid=”3944,3708,3524,3475,3960″]